ほり小児科

八潮市の小児科、ほり小児科

〒340-0816 埼玉県八潮市中央3-12-12の202
TEL 048-997-4165

インターネット予約サイト

 

※上記QRコードを読み取っていただきますと、一般の携帯からは携帯サイトが、スマートフォンからは、スマートフォンサイトが閲覧可能です。

診療Q&A

朝起きられない。――起立性調節障害の治療は?

起立試験を施行します。治療はリズミックと漢方薬と生活指導が中心です。

 

背がクラスでいつも一番前――下垂体性小人症かどうかの鑑別は?

成長曲線、IGFIの採血、手根骨のXP、以上の検査を施行します。更なる検査が必要と思われる患者さんには、獨協医科大学越谷病院か草加市立病院を紹介します。

 

夜尿症で修学旅行が心配。――夜尿症の治療は?

夜尿症の型を判定します。
薬物療法:ミニリンメルト(DDAVP)とウリトス(イミダフェナシン)他と生活指導が中心です。

 

にきび(尋常性痤瘡)の治療は?

中等症ではディフェリンゲル(アダパレン)+ダラシンTゲル(クリンダマイシン)+保湿剤です。重症では抗生剤の内服を追加します。

 

気管支喘息で夜間の発作が多く夜間救急によくいきます。――何か方法は?

アドエアやメプチンキッドエアーの吸入がうまくできないお子さんには、吸入器(ボヤージ)をお貸しして、家庭で吸入してもらっています。購入希望者には直接メーカーに注文できるファックス用紙を渡しています。

 

乳児のインフルエンザで脳炎が心配。――何か方法は?

リレンザ(ザナミビル)の吸入をお勧めします。吸入器はお貸しします。